前へ
次へ

離婚裁判はエネルギーを使う

結婚をする際にもかなりのエネルギーを使って、心身ともに疲弊をしてしまう人がいます。幸せであるはずなの

more

離婚裁判は意外と時間がかかります

離婚裁判の前に離婚調停というのをやるわけです。日本の法律では調停前置主義というのが決められていること

more

離婚裁判で勝つ為に必要な事とは

離婚裁判を開始するからには、勝てる裁判に挑む事が大切です。離婚裁判は費用の負担と同時に時間を沢山使用

more

離婚裁判はどのように行なわれるのか

さまざまな理由によって離婚をしなくてはならないような状況に陥った場合、離婚後のことなどについて当事者で話し合いを行い離婚へと進むのが一般的ではありますが、財産分与や親権など話し合いでは解決することが出来ないような事案も出来てきます。特に子供についてはとてもデリケートな問題であり、親権がどちらに譲られたかによって子供に将来も大きく変わっていくといっても過言ではありません。もしも離婚について当事者同士での話し合いがまとまらない場合には家庭裁判所にまずは訴状を提出します。提示した時点で裁判が始まります。離婚に対しての不服などを訴える提起になり、離婚裁判ではま口頭弁論で解決が出来ないかを話し合い、場合によっては証人尋問なども行なわれ、離婚に関して双方が納得できる答えを見出していくといった流れになります。離婚裁判で弁護士をつけずに挑むことも出来ますが、大抵の場合には自身が有利になるように弁護士を依頼するのが一般的です。2人の話し合いでは解決策が見出すことが出来ない場合には第三者の介入と法に沿って解決する仕組みとなっており、話し合いの末納得して離婚することが出来た思っていても相手が実は納得できておらずに離婚裁判の報せが送られてくるということもありますので、そのような場合には速やかに離婚についての裁判に詳しい弁護士に相談を行うことが必要となっています。裁判と聞くと大事になってしまうと考えて、相手の言い分を飲み込んでしまう人も多いのですが、離婚において裁判を行なう人は少なくはありませんし、後々後悔をしないためにも自己主張を行うことが大切です。大抵の場合には弁護士などが介入することによって、法廷に持ち込まれる前に解決や和解をすることができ、無事に離婚が成立する傾向にもあり、法廷で質問攻めになってしまうのではないかなどと不安になる必要性はありません。離婚によって失いたくないものまで失わずに済む為に離婚裁判は必要です。

none

Page Top